~マクドナルドの思い出~

1990年代、マクドナルドクルー時代の思い出を綴らせていただきます。

動画教材「看板に偽りあり」の思い出。

 

マクドナルドは何でもマニュアル通りだ」と揶揄されたものですが、

実際のところはそんなことなかったですよ。

 

マニュアルは基本中の基本ですが、

とは言え、マニュアルでは表現されていないこともあります。

その時その時のお客様の表情を見て、

今何が必要か、何をすれば喜んでいただけるか、

どのようにすれば効率よくできるか、よい商品が提供できるか。

 

それは、“人”が考え、“人”が行動していたんです。

決してマニュアルにすべてが書かれているわけではなく、

決まったことしかできないわけではなかった。

と自負しております。

 

f:id:ayazono_muro:20210913165704p:plain

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/recruit/crew_recruiting/benefits/

 

でも、マクドナルドのマニュアルはすごかった。

とても細かい。いろいろなことを想定して、それを文字で表現している。

僕は、マニュアルのつくり方に非常に感銘を受けました。

 

クルーが一番最初に見るマニュアルが「S・O・C」。

ステーション・オブザベーション・チェックリストの略。

マニュアルというよりチェックリストなんですが、書き方が細かいというか繊細。

確かに、SOCを見れば、誰でも統一的なオペレーションが可能だなと思いました。

まぁ、アルバイトを始めてから随分経ってから気づいたのですが・・・。

 

マクドナルドにはペーパーのマニュアルだけでなく、

動画教材(ビデオ)もありました。

30年前の事ですので記憶が定かではありませんが、

結構な本数があったと思います。

 

その中で、印象に残っているのが「看板に偽りあり」というビデオ。

アメリカの昔々のCM(1970年代~80年代と思われる)をベースに、

「広告で言っていることと現実は一緒なのか?」という事を、

あえて題材にした一本。

看板(広告)通りのQSC+Vは出来ていますか? 

という事を投げかけるような、そんな内容でした。

 

映像の中に、男性クルー10名程で厨房の中を踊りながら掃除し、

エキサイトした男性クルーみんなでカウンターを飛び越える!

という衝撃的な映像が今も忘れられません。

 

このビデオだけ、何回も何回も見ました。

もう一度、「看板に偽りあり」の見たいなぁと思った、

昔の思い出でした。