~マクドナルドの思い出~

1990年代、マクドナルドクルー時代の思い出を綴らせていただきます。

AJCCの思い出 其の一

 

マクドナルドでは毎年、AJCC(オール ジャパン クルー コンテスト)という催しがあります。

 

f:id:ayazono_muro:20210904142507j:plain

出典:AJCC | ハンバーガー大学 | 私たちの責任 | McDonald's Japan (mcdonalds.co.jp)

 

今と昔では、コンテストのスキームやポジションは違うのでしょうね。
30年ほど前のマクドナルドでは、PC、グリル&バンマン、ポテト、

カウンター、ランナー&キャッシャー、フロアサービス、というポジション別に、

審査が行われていました。

 

当時、統括SV(スーパーバイザー)エリアというのがあり、

その中に6つのSVエリアがあり、一人のSVの下に5~6店舗が連なっている、

そういう組織体でした。

 

その統括SVエリア戦で優勝すると、商品としてハワイ旅行に行ける!
すごい羽振りの良い企画ですね。バブリーな時代です。

今は“全国戦”という規模なんですね。

 

まずは、店内予選。いわゆる店舗の代表者を決める戦いが始まりました。

僕は、ポテトでエントリー。

マニュアルに従って、正しいオペレーションは出来ているか、QSC+Vは適切か、

などを審査されるわけです。

 

そして、ポテトの店舗代表に選んでいただきました。

結果はSVエリア戦(予選)敗退、だったんですけどね。
「お前は万年Cクルーだ」といったマネージャーのMさんが、
僕のポテトオペレーションを褒めてくれた時は、本当に嬉しかったです(涙)

 

このおはなしは、其の二に続きます。