~マクドナルドの思い出~

1990年代、マクドナルドクルー時代の思い出を綴らせていただきます。

楽しかったクルーPAMの思い出。

 

マクドナルドにはクルーPAM(パム)というものがありまして。

お店から、幾らか軍資金をもらって、リクリエーションを行っていました。

例えば、バーベキュー大会、ボウリング大会など。

普段、あまり会えない深夜時間帯のお兄さん達だったり、

それこそ女子がいっぱい参加するので、

思春期の僕にとっては超ウキウキハッピーな企画なわけですね。

 

f:id:ayazono_muro:20210721160537j:plain

出典:日本マクドナルド

 

深夜時間帯のお兄さんと言えば、

当時はメンテナンスクルーという人たちがいました。

まだ、店舗にSECOMのような警備システムが無かったころ、

白いつなぎを着たメンテナンスクルー(通称:メンテさん)が、

深夜の警備を兼ねながら、お店の隅々を掃除してくれます。

 

例えば、営業中になかなかできない窓ガラスのスクイージー掛け、

ダクトの清掃、床のポリッシャー清掃など。

高校生だった僕は、夜22時までしか働けなかったので、

たまにクルールームですれ違うだけ。

中には金髪ロン毛のイケイケバンドマンなんかもおりました。

警備会社のシステムが導入されると同時に、

メンテさんのお仕事もなくなってしまいました。

あぁ、時代の流れやなぁ、って思います。

 

話が川のように蛇行してしまいましたが。

 

このクルーPAMの一つに「卒店式」というものがありました。

毎年3月頃、進学や就職などでお店を辞めてしまうクルーを

送り出す会なのですね。

当時、僕は高校生だったんですけど、ちょっとおしゃれして、

スーツなんか着たりして(笑)

卒店式の前半は、ビンゴ大会などで盛り上がるんですが、

式の後半は、お世話になった(異動された)マネージャーからのメッセージとか、

卒店されるクルーのコメントだったりとか。

もう、涙なみだ、号泣なわけですよ。

 

いつかは自分も、あんなふうに見送られたい!

と思っていたものの、自分の場合は中途半端な時期に就職が決まってしまい、

卒店式には出れず、という悲しい思い出でもありました。