~マクドナルドの思い出~

1990年代、マクドナルドクルー時代の思い出を綴らせていただきます。

チキンマックナゲットの思い出。

 

マクドナルドの「サイドメニュー」と言うと、

マックフライポテトがナンバーワンですよね。

 

30年前のマクドナルドでは、

「サイドメニュー」とは呼ばず、「デザート」という位置づけでした。

いつの間に、サイドメニューと呼ぶようになったのだろう。

 

そして、ポテトに次ぐ人気の商品が「チキンマックナゲット」。

通称「ナゲット」。

このナゲットもサイドメニューでは上位に入る人気商品。

 

f:id:ayazono_muro:20211027151544p:plain

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/products/1610/

 

現在は、5ピース、15ピースの2種類ですが、

1990年頃は、5個入り、9個入り、16個入りの3種類で販売。

「ピース」ではなく「個入り」と表現していました。

 

コーリングは、

5個入り ⇒ナゲット。

9個入り ⇒M(エム)ナゲット。 隠語ではムナゲ。

16個入り⇒ファミリー。

 

ナゲットソースは、今でも定番のバーベキューとマスタードがあり、

甘口(バーベキューソース)、辛口(マスタードソース)と表現しており、

もう一つの甘口・辛口で、スイート&サワーソース、カレーソースも

存在していました。

 

現在では紙製のボックスに入っていますが、

昔は発泡スチロール製の入れ物。

ふたを開けると、隅っこにソースを入れる部分があり、

ソース自体はチューブ状で提供していました。

 

じゃあ、バーベキューとマスタードの両方を頼んだ場合はどうするのかって?

その場合は「ソーサー」と言われる、

ナゲットソースを入れるプラスチック製の容器を提供していました。

 

オペレーションはと言うと、ナゲットは冷凍状態で保管されており、

プロダクションコーラー(通称:P/C)からのオーダーに従って、

調理していきます。

冷凍状態の袋に約50個が入っており、

ニューオーダー 1ナゲット」で5ピース。

ニューオーダー 5ナゲット」で25ピースをバスケットに入れて、

フライヤーで揚げていきます。

尚、ピークの時には25個を数えず、袋の半分くらいを大凡でバスケットに投入。

まぁ、5個単位で売れるとは限らないので、その辺はアバウト。

ニューオーダー 10ナゲット」の時は、1袋をジャ~っとバスケットに投入。

数えなくていいので楽ですね。

 

ホールディングタイムは、

ナゲットキャビネット(揚げたナゲットを保管しておく引き出し)内で20分間。

ナゲットボックスに入れてから、

トランスファービン(バーガー類を温めて置く機械)で10分間、

合計30分間でした。

 

ナゲットキャビネットのナゲットをサーブする(ボックスに入れる)時は、

専用のスクープを使わないといけないのですが、

ピークの時は手でやっちまってたな、

と反省する、昔の思い出でした。