~マクドナルドの思い出~

1990年代、マクドナルドクルー時代の思い出を綴らせていただきます。

年末年始の思い出 其の二

 

1991年から1992年にかけての年越し。

僕がアルバイトをしていたお店は、オールナイト営業することになりました。

 

現代では、24時間営業なんてあたり前の時代ですが、当時はムリムリ!

だって「グリルはいつ洗うの?」「シェイクマシンの分解洗浄はどうすんの?」

というように、衛生管理上、難しかったんですね。

 

機器類の進歩によって、24時間営業が可能になったのではないでしょうか。

 

f:id:ayazono_muro:20210928161401j:plain

 

話を戻すと、

僕がアルバイトをしていたお店がオールナイト営業する、と言いましたが、

正しくは、23時にいったん閉店して、

1時間でクローズ作業とオープン作業を行い、

深夜0時に再オープンするというもの。

 

1991年12月31日の23時、通常通り「オールダウンプリーズ」の号令。

そこから、いつもの2倍増しのスピードで機器類の洗浄や殺菌を実施。

グリルフードも取り外して洗浄。

ケチャップやマスタードディスペンサーも一旦洗浄。

とにかく洗うものは洗って、直ぐにオープン準備が始まります。

 

1992年1月1日の0時。年が明けると同時に、お店もオープン。

こんな夜中にお客さん来るのかしら・・・

と思いきや、お客さん、来る来る!

これから初詣に行くのか、初詣帰りなのか、

というお客さんがたくさん来まして。

深夜なのにそこそこ忙しい。

 

当時は夜中に開いている飲食店なんて、

そんなに無かった時代ですからねぇ。

 

僕は、初めての深夜時間帯の勤務。

楽しさで眠気がぶっ飛んでいたなぁ、という

昔の思い出でした。