~マクドナルドの思い出~

1990年代、マクドナルドクルー時代の思い出を綴らせていただきます。

高校生クルーのあこがれ「シェイクダウン」の思い出。

 

今日はおなじみのマックシェイクのおはなし。

 

1990年当時のレギュラーフレーバーは

バニラ、チョコレート、ストロベリー、ヨーグルトの4種類。

 

当時、シェイクの機械は衛生管理のため、部品を分解して、

洗浄する必要がありました。

しかも毎日。

 

シェイクマシンの部品は、ステンレス、プラスチック、ゴムパッキンなど。

部品の数は・・・もう覚えていませんが。

一つ一つの部品をブラッシングして、洗浄殺菌液に漬け込み、乾燥させる。

翌日のオープン時に組み立てて、

シェイクミックス(シェイクの元になる原液)を冷却して、

ようやく販売できるわけです。

 

機械を分解するという事は、部品が1つでもなくなるとえらいこっちゃですね。

 

で、このシェイクの機械をばらすことを「シェイクダウン」というのですが、

シェイクダウンしてしまうとシェイクが販売できなくなるため、

営業時間ぎりぎりまでダウンできないわけです。

 

当時の閉店時間は23時。高校生(18歳未満)は法令で22時までしか働けず。

という事は、18歳未満の高校生がシェイクダウンをすることはない。

シェイクダウンができるようになると

「大人の仲間入り」をしたような感じがしたものです。

 

しかし、高校生にもできる「ダウン」がありまして。

当時、「サンデー」というアイスクリームのようなものを販売していました。

 

f:id:ayazono_muro:20210726100458j:plain

 

このサンデーも、シェイクと同じく、毎日機械を分解洗浄する必要がありました。

21時頃になると「本日の販売は終了」となり、

高校生の僕たちにも「サンデーダウン」という仕事が出来る、

という訳です。

 

サンデーマシンは、シェイクマシンに比べて部品の数も少なく、

なんだか入門編のような感じでしたが、

このサンデーダウンが出来るようになると、

高校生クルーでも上級レベルになったなぁと思えるという、

昔の思い出でした。