~マクドナルドの思い出~

1990年代、マクドナルドクルー時代の思い出を綴らせていただきます。

初めての接客。

 

今日は『マクドナルド』の思い出話。

 

プチピークの厨房を僕一人で回した(←まわすっていう表現、

よく使いました:笑)

ことから、Bクルーにランクアップした1990年の秋ごろ。

 

ある日のこと、「綾園くん、エプロン外して」とマネージャーからの指示。

僕はオペレーション(厨房)クルーだったので、

仕事中は常にエプロンをつけているのですが、そのエプロンを外す、

という事は、製造以外の業務をするとき。例えば掃除とか。

なので「はーい。モップ掛けですかぁ?」と軽い気持ちで聞いたのですが、

その返答は180度違うものでした。「ドライブスルーに入って」と。

ど、ドライブスル ー??

 

マネージャーからは「O/T(オーダーテーカー。オーダーを取る係)やろっか」との指示。

「いやいや、やったことないですよ!!」と必死で抵抗するも、

「いけるいける」と軽い反応。

仕方なくエプロンを外して、おずおずとドライブスルーエリアへ。

 

今では、ドライブスルー業務はWAS(ワイヤレスオーディオシステム)を使うのですが、

当時は有線マイク。

スルーエリアに固定マイクがあり、そのマイクの前で、

スピーカーから流れてくるお客様の声を聞きながらオーダーを取る、

という仕組みだったんです。

 

「1 回見ててね」と、先輩クルーの O/T を見学。

「じゃあ、次に車来たら OT やってね」とかなりの無茶ぶり!

しばらくすると「ピンポーン ピンポーン」と

スルーレーンに車が入ったことを知らせるチャイムが!

緊張感はピークに!!

 

  僕「いらっしゃいませ!マイクに向かってご注文をどうぞ!」

  客「ナゲット1つ」

  僕「ナゲットは5 個入りでよろしいでしょうか?」

   「お付けするおソースはバーベキューとマスタードがございますが?」

 

おおーっ、初めての接客!もうドキドキ!

 

身体が勝手に反応して「ございますが」などという言葉が出てくるところは自分でも驚き。

当時のドライブスルーは有線マイクのため、

常にスピーカーからお客様の声が流れていたんです。

実は、知らぬ間にそれを聞いて、何となく覚えていたんでしょうね。

 

接客対応の次は、POS(レジの機械)操作に慣れること。

どこに何のボタンがあるのか、これを覚えるのにも一苦労。

でも若いっていいですよね。覚えるのが早い(笑)

 

その日を境に、「綾園くん、スルー入ろっか」と、

ドライブスルー業務も担当することになりました。

O/T、キャッシャー(ドライブスルーの窓口担当)の仕事を覚え、

カウンターでの接客もこなすようになりました。

 

まさか、自分が接客をする日が来るとは夢にも思わず。

でも、この接客の楽しさを知って、この先の僕の人生は大きく変わるのでした。